若ハゲに苦しんだ4年間だった

俺は大学3年(21歳)のときに友達からの指摘で若ハゲであることを知った。このサイトではその日からの俺の4年間のAGA治療を書いている。

 

あの日、俺の人生は大きく変わった。全てが育毛中心の生活になった。自殺も考えてしまうほど苦しかった。

 

だがフィナステリドとミノキシジルという2つの薬のおかげでなんとか若ハゲを克服し、4年という時間が経過した。精神的な面では完全に若ハゲを克服できていないかもしれない。

 

だが若ハゲである自分を少しは受け入れることができているし、これからハゲることになったとしてももう自殺を考えるほど苦しみはしないだろう。

 

俺の若ハゲ(AGA)との4年間の闘いをまとめてみた

このサイトは主に大学生でハゲてきた人を対象に、俺の4年間の若ハゲ克服記録を書いている。

 

たった7ページしかない小さなサイトだが、どこからか迷い込んできた同じ苦しみを抱えている人がこのサイトの中身を読んでくれれば嬉しい限りだ。

 

ハゲてきたことに気づいた日。あのたった1日でこれほどまでに人生が変わるとは思わなかった。心が折れてしまって、もう生きていけないとまで考えた。

 

だが幸いにも俺は育毛薬を使うことにより、若ハゲを80%改善させることに成功した。

 

若ハゲとかAGAは対策が早ければ早いほど効果が現れやすいという言葉通りの結果だった。しかしもうすぐこの効果も弱くなってしまうかもしれない。

 

それでも大学生活をハゲることなく平穏に過ごせたので全く後悔はない。もし育毛薬を使っていなかったら俺は今までの人間関係を断って引きこもりになっていたかもしれないのだから。

 

俺の4年間の体験談は下のページから始まる。5ページあるので全部読むまで5分くらいかかるかもしれないが、何時間もかけて書いた文章なので興味を持った人は読んでくれると嬉しい。

 

「頭頂部が薄い」と指摘されたあの日

 

若ハゲ(AGA)対策のアドバイスページも書いてみた

体験談だけだと心もとないので下のページに俺の育毛アドバイスを書いている。

 

AGA治療に関して俺からのアドバイス

 

要は育毛には育毛剤とかシャンプーなんて全く効果ないので育毛薬を使うこと。そしてそれ以前にやるべきことなどを書いている。

 

興味があれば見てほしいページである。

 

このサイトを作るにあたって参考にした育毛ブログ

実はこのサイトを作るにあたって若ハゲの悩みに関して非常に共感し、「すごい」とただ一言だけ思ったブログがある。一応出典的なものを明記しておく必要があると思い、リンクを貼っておく。

 

若ハゲ大学生6年間の育毛苦闘記

 

俺のブログは小さな小さな誰の目にも止まらないようなブログだが、上のリンク先のブログはもっと大規模に体験談を心の内面的な苦しさを主体にしてこれでもかと書かれている。

 

大学生でハゲてしまった人ならば99%は共感できるようなブログである。

 

若ハゲになった瞬間どう感じたか、最初の1年はどんな精神状態のまま育毛生活を続けたか、個人輸入をした時はどう思ったか、20代で育毛をずっと続けて来て、世界の見え方はどう変わったかなど。

 

とにかく単なるシャンプーとかの宣伝だけのブログとは完全に一線を画しているので、若ハゲになってしまった人誰が見ても参考になるブログだと思う。

 

最近ではメール相談にも乗られているくらいなので反響も大きいのだろう。俺もこんなブログ作ってみたかったけど、育毛体験談のブログ作るってなかなか大変なんだな。